今までのAGA治療では効果が出なかった。そんな方には確率性の高い「自毛植毛」がおすすめ!人工植毛のようなリスクや副作用はありません。薬やカツラとくらべても毎月メンテナンスにかかる費用や手間がありません。安全性と実績のあるクリニックで確実にフサフサの頭を復活させましょう。

海外の自毛植毛事情とは

中国で自毛植毛は安全?渡航費や注意点について

更新日:

今までの植毛というものは人毛でもファイバーでも基本的でした。

人毛であろうと、植毛したら自毛との違和感は出てしまうので自然観が失われれてしまい、植毛よりもウィッグなどを主体としていくほうが多く、増毛なども行くも剤や頭皮の改善などでの発毛を促すものが殆どでした。

発毛が促せる部分に関しては問題ありませんが、頭皮が完全に皮膚科してしまった部分には発毛の促進なども難しく、発毛したとしてもその部分を主軸にして人工毛やファイバーでの植毛での増毛であり、どこかちぐはぐな印象を与えてしまうことも少なくありませんでした。

植毛でも自然に見せるのは何と言っても自分の毛での植毛になります。

ですが、国内での自毛植毛手術よりも海外の方が安いということで
中国で自毛植毛を考えている方も多いのではないでしょうか?

そこで、中国で自毛植毛の手術をするにあたっての費用や注意点について解説していきます。

中国での植毛事情

中国では自毛の植毛率が圧倒的に高く、自然に増毛ができ違和感もないので主流になりつつあります。

中国も同じアジア圏であり日本人とは髪質が近いという面もあります。
日本の育毛、植毛技術は世界規模でトップクラスですが、日本は薬事法などの法律が世界でもトップクラスで厳しいことでも有名です。
中国では現在富裕層を中心として自毛での植毛が急スピードで広がっています。
これは、光化学スモッグなどを発生させる経済成長と中国バブルにより環境汚染の急速化などで肌や髪への影響が大きく出てきているからです。

余談ですが、富裕層の多くは旧正月などを利用して日本での買い物などで大量に化粧品やシャンプー剤などの美容品を購入していきます。
これは前述したとおりに日本の薬事法は世界規模で厳しいものであり、日本の製品はそれに則ったクオリティを持っているので安心して大量に購入で消える問う面にもあります。

特にシャンプー、トリートメント、育毛剤の人気は目覚ましいもので、予約をして大量買い付けをしていく中国人も少なくはありません。
店舗でも旧正月の時期は援護や中国語のできるスタッフを準備するほどの規模であり、得に船で渡航できる九州などでは経済効果も大きなものになっています。

このシャンプーなどのヘアケア剤を購入するのは女性だけではありません。
むしろ男性のほうが大量購入していくことのほうが多いほどです。
それは、中国での植毛事情も大きく絡んでいます。

自毛を植毛しても自国のシャンプー剤などではすぐに地肌や植毛した毛髪を痛めしてしまいます。
何よりも植毛のメンテナンスは自国ですることが前提であればケア用品のクオリティを求めるのは当然です。
いかにして植毛を持たせるかの面においても日本のヘアケア剤を大量に購入していくか。
大きなポイントになっていると言ってもいいでしょう。

日本人の植毛は中国でも可能なのか?

植毛というと自毛に対してのわっかを作ったものを結んでいくイメージがありますが現在の植毛は違います。

自毛の分でも発毛に対して必要な毛母細胞が活性化している毛髪を毛穴に移植していくことで毛髪そのものを毛根ごと移植させていき定着を促します。

細胞の移植と考えるとわかりやすいかもしれません。
薄毛の人でも後頭部などは酵素活性などが高く、毛髪がしっかりとしています。
その部分から植毛をすることで、発毛、定着を促すことになります。

日本人でも中国での植毛希望者は増加していると言われています。

そして、植毛後に大事なのはケアになりますがこの面に関しては日本は優秀なヘアケア剤がしっかりと揃っているので一度定着させた後の維持に関しては中国在住の人よりも有利と言ってもいいでしょう。

大事なのはどこまで定着させるのか、毛穴のケア、毛穴への栄養等であり、常に新鮮で新しいものを購入できるという強みがあります。
日本人が中国で植毛する場合は、まずベーシックな部分の植毛を行い、経過を少し見ることになります。

経過が順調であれば帰国し、あとはその植毛した部分を維持させてより発毛を促していく形になります。
この際に必要なのが質の高い育毛剤になってきます。
日本国内には世界で認められている育毛剤がいくつかあるのでこの面に関しては問題ないと言えます。

この面からも日本人が中国まで渡航して自毛の植毛を行っているのも納得ができるかと思います。
国内での植毛よりも中国のでの植毛のほうが渡航費を入れても割安であり、その後の維持管理もしやすいめんから考えても人気が出るのも納得できると言えます。

アジア人の薄毛の形にはいくつかの共通面があります。
この面からも中国での人気が高いということもあります。

アジア人の皮膚、頭皮に合わせた植毛の形を提供してくれるという喪は非常に大事になってきます。

渡航の際には中国語ができなくても大丈夫なのか?

中国での自毛の植毛で大事なのは専用のガイドサイトを利用することです。
ガイドサイトはいわば旅行代理店のような役割であり、専用のブローカーが交渉、通訳までしてくれるようになっています。
通訳も現地の中国人ではなく日本人を指定することもできるので、こちらの細かな要望などもしっかりと伝えることが可能になっています。

英語でも話せたほうが現地での食事や買い物には便利かもしれませんが。
できなくても通訳の人に頼むことが可能です。

基本的には1日の大半を植毛に使うことになるので外出は食事や宿泊がメインになります。
移植手術型の植毛の場合は抜糸なども含めた短期間の入院になります。

この場合も専用のコーディネーターが現地で通通訳もサポートしてくれる形になります。
言語面でのサポートなどは仲介会社に頼むことで解決できると言ってもいいでしょう。

個人での交渉なども中国語は広東語のほかにも独自の言葉が多く存在します。
英語対応ができる医院ならばまだいいですができない場合は困難を極めることも覚悟する必要ができてきます。
このことからも大都市での植毛が多いのも納得できるかと思います。

海外の植毛事情

ロサンゼルスやバンコクなどで自毛の細胞ごとの植毛は現在活発であり、日本人が多く訪れています。
この場合も専用の仲介会社が日程までのコーディネイトを行うことが本土であり、抜糸後の帰国になることが多いです。
細胞型の移植なので見えない糸や溶ける糸などでの植毛手術になります。

傷跡は数日は残りますが術後はほぼ通常の傷同様に目立たなくなることが殆どですが個人差があります。

中国というとどうしても偽物が多めの国というイメージを持っている人も多いかもしれません。

現在の中国は富裕層と貧困層に分かれており、自毛植毛は富裕層がメインになっています。
富裕層に対して満足のいかない施術を行えばその医院の信頼はもちろんですが、営業すらままならない状態になることも多く、確かな技術を求められています。

中には日本国内で植毛技術者として働いていた人が中国や国外の移植専門の医院にヘッドハンティングされている事例もあり、毛髪に対する悩みは万国共通であることと日本人の技術の高さは世界クラスだということを痛感させてくれます。

中国での美容の意識は現在目覚ましい発展を遂げています。
これも富裕層の意識の改革であり、植毛に対してもそれは同じと言えます。

渡航費用などはいくらくらいかかるの?

自毛の移植での植毛は高いというイメージがありますが最新のAGA治療を続けていく場合と移植では自毛の植毛のほうが圧倒的に安く上がることがほとんどです。
AGAは基本的に通い続けることが前提であり、最終的に発毛するかどうかの保証も確約はありません。
アレルギーなども場合によっては考えらえるので金額に見合った結果を得られる可能性が低いともいえます。

<自毛での植毛のメリット>

細胞が同じなのでアレルギーが起きにくい面があります。
定着させるにもアレルギー反応がないので定着しやすく、同じ皮膚と細胞なので一度発毛システムを再開できたら祖部分の治療は完治と言ってもいい状態になります。

<病院に通い続けなくてもよい>

移植が終わったのちは医院に通い続ける必要がないので渡航は基本的に施術の際の身になります。
術後は国内でのケアや国内のサロンや医院等でもメンテナンスができるのもメリットの一つです。

<ウィッグなどが不要になる>

術後の傷あと対策に使用する人はいるかもしれませんが基本的にはアフターケアなどでウィッグなどは必要ありません。
傷跡が消える程度に毛髪が伸びた際にはウィッグは不要になります。

<渡航費用などは?>

渡航費用にホテル代、タクシー代、植毛代程度で終ります。
中国ではなく韓国での一例ですが
○航空券(37800円)

○自毛植毛2400グラフト(705000円)

○タクシー代、食事代、その他(5500円)

○ホテル代2泊(1万円)

合計 758300円

という価格でも可能であり、中国でも渡航費はほぼ変わりないか予約の時期によってはもっと安くできる可能性もあります。
(引用サイトhttp://fanblogs.jp/syokumou/archive/40/0
自毛の植毛なので術後の通院などもない面を考えても最終的にはこの方法が一番安くなると言ってもいいでしょう。
アレルギーなどの拒否反応もなく植毛できるのが自毛植毛のメリットでもあります。

個人でのやり取りは日本語対応の医院かもしくは英語か中国語をある程度できることがベストになります。
できない場合は仲介サイトなどを使ったほうが安全と言ってもいいでしょう。
植毛費用は韓国だけではなくアメリカやバンコクなどでもほぼ同じくらいになります。
中国が比較的諸外国の中では安いということも人気の一つもいえます。

毛髪の植毛はデリケートな問題です。
こちらの希望をどこまで正確に伝えられるかになります。
通訳を入れずに移植するよりも通訳を入れたほうがより希望の仕上がりに近くなるのは間違いないので、安く植毛しようと考えるよりも満足と度仕上がりの良さで選んでいくこと大事になります。

中国の植毛での注意点は?

自毛の植毛の注意点はいくつかあります。
まずは術後の傷跡です。

これは半年ほどで略見えなくなりますが数カ月はどうしても少し目立ってしまうかもしれません。
坊主などにしなければ程分かりませんがこの面がデメリットであると考える人も少なくはありません。

次に大事なのは施術する医院の技術になります。
中国だけではなく植毛などの技術は個人の技術によって異なるでしょう。
ここで大事なのは、実績のあるクリニックかどうかになります。

ブローカーが自信を持って進めてくる医院であれば施術の際にも安心できますが、そうでない場合は一度保留にすべきかもしれません。

植毛コーディネーターや、いくつかのブローカーを比較して価格の安価よりも安全度を優先することをおすすめします。
術後のケアはしっかりとするのは当然ですが、処方された薬なども忘れずに飲むようにしましょう。
術後はできるだけ清潔にすることはもちろんですが、少しでも異常を感じた時はすぐにサポートしてもらえるブローカーを選ぶことも大事になります。

術後は数日で帰国できるようになりますので、帰国後は諸注意を守りながらの生活になります。
平均日数は3~7日ほどであり、諸費用も国内での平均費用よりも格安と言えます。

渡航費もロサンゼルスやバンコクなどよりも中国は安い費用で収まりますが、会社なども連休やお盆休みなどを利用することで無理なく植毛して帰国することが可能です。

中国での植毛の評判は?

国外での植毛で最も大きなものはあくまで自己責任になります、日本国内であれば母国語での要望なども可能ですが中国では言語がまず違います。
なので間に入るブローカーがどこまで誠意を持っているかが大きくなります。
ネットなどでも評判が二分化しているのもこのためです。

中国での植毛手術の多くが、自分で交渉して予約などを取り付けていくものであり、希望を伝えきれなかった結果も不満も大きくあります。

その点、国内にある自毛植毛クリニックは、カウンセリングからケアまでしっかりしているので
日本で自毛植毛手術をする方の方が多いのです。

最近では国外での植毛コーディネーターのサイトも多くなり、だいぶ敷居が低くなりました。
選ぶ際にはいくつかのサイトを観覧してから決定することがお勧めになります。
きちんとしたブローカーとコーディネーターを入れた人ほど、中国での植毛に満足度が高い状態です。
このことからもきちんとした業者を介することで国内の半分程度の価格で予約で数年待ちなどということもなく移植ができるという結論が出てきます。

仲介業者なしで怪しい医院での施術は自己責任になります。通訳を準備してもらえるのは本当に大事なことです。
通訳の有り無しだけは絶対にチェックしておくべき面になります。

植毛は身近な物になってきた

一昔前はカツラが主流であり、カツラも今度は人毛でのものが主流になりました。
これは女性で薄毛に悩む人が増えたことにより、より自然な状態でのカツラへの要求であり自然な流れと言えます。
かつらから今度は人工毛を自毛に結び付けて自毛を多く見せる技術が生まれました。

そして人口毛から人毛、自毛でのループ植毛になり、現在人気が出てきている自毛での植毛は最終進化形と言えます。

自毛を毛根とも募細胞ごと移植し、皮膚の定着を促していく。
カツラからの技術革新としても自然流れと言ってもいいでしょう。

昔はインターネットなども普及しておらず海外の植毛事情などもほとんどわからないものでした。
現在ではネットの普及で世界中の情報がすぐに分かるようになりました。
海外で植毛したけれども言葉の壁がある。
そんな人の為にブローカーやコーディネーターが存在します。
一昔前は中国の製品は危ないものが多いという認識でした。それを一転させたのが中国バブルによる富裕層の誕生です。

富裕層は美容や美意識への興味が高く、植毛への飛びつきも早かったのも事実です。
その結果中国はアジア圏での一大植毛先進国に躍り出ました。
日本寺院の植毛希望者は中国富裕層からの紹介などで広がっていったこともあり、中には日本人スタッフを抱える医院もあります。

きちんとしたブローカーを介しての植毛ならば安全度も満足度も高く、希望の日数での帰国ができます。

植毛は通院も基本的には必要ないので一度の渡航で施術は終わります。

そのためにもブローカーへの質問事項はまとめておくことと、いくつかのサイトを比べてみることがより高い満足度への近道と言えます。

-海外の自毛植毛事情とは

Copyright© 自毛植毛とは.jp~ハエルのブログ , 2017 All Rights Reserved.