育毛剤は効果がないって本当?

育毛剤が手軽に安価で買えるようになる時代ですが、その分様々な疑問も生まれるようになりました。
育毛剤は本当に効果があるのか?発毛剤とはどう違うのか?その疑問がなぜ生まれるのか?育毛剤とは何なのかを少しですが紐解いていきます。

実際の効果はいかほどなのか?育毛剤のトリック

育毛剤は現在一大市場になっており、ドラッグストアなどにも専用コーナーができるほどです。

一昔前は男性用のイメージが強かった育毛剤も今では男女共通のものになっています。
これはメディアなどでも女性の薄毛や抜け毛を積極的に取り上げていった結果もあり育毛剤に対するマイナーがイメージが払拭されたことにもあります。

ですが、育毛剤は必ずしも効果があるというわけではありません。

「発毛」と「育毛」は根本的に違うと言ってもいいでしょう。
育毛はベースになるべき毛根と毛母細胞が生きている状態のものをより強固にするためのもの、発毛は根幹である毛根と毛母細胞を活性化させ毛髪自体の発生を促すというものです。

簡単にまとめてしまえば生えてこないものを生えさせるのが「発毛」
生えているものを丈夫にするのが「育毛」ということになります。

育毛剤が効果ないについては下記のサイトでも話題になっていましたね。
日本の育毛剤が「効かない」うえに「高い」ワケ – ログミー
ほとんどの育毛剤は効果なし?広告の文言で薬事法に抵触するものも – ライブドアニュース

なぜ育毛剤という名前なのか?

発毛効果が100%あります!とは現在の育毛剤や養毛剤では発信してはいけない決まりがあります。
なので、育毛剤というワンクッション挟んだものであれば発毛効果がなくとも法律上問題のない状態になります。

これはあらゆるものに通じる薬事法のトリックにもなりますが、育毛剤の栄養素のパーセンテージを明か気に示している商材は意外と少ないことに気付いている人は少ないと思います。

これは、育毛剤や発毛剤の製造過程にそのからくりがあります。

育毛剤もですが公に出回っているものはほとんどが大量生産されています。
シャンプーなどに例えるならば何百リットルものシャンプー剤の現役の中に一滴のヒアルロン酸を入れたとします。内容的にはヒアルロン酸の成分などほぼないに等しい状態と言えます。

これでも薬事法ではヒアルロン酸配合と言ってもいいのです。

これが薬事法のトリックであり、公に大量生産されているもののほとんどがこの造りになっています。
大量生産で販売されているものは、どれだけ配合されているかなど、具体的な数字(パーセンテージ)が書かれていないのはこのためです。

効果の高い発毛剤や養毛剤などは、どの栄養素が何パーセント配合と記入されている分、値段も少し高めになっています。
これは効果を出すためにはある程度のきちんとしたコストが必要だという形になり、業務用と表記される専門店やサロンなのでの購入品になり、ドラッグストアなどで手軽に購入できるものは一般用と分けられています。

では、効果があると思う人はなぜなのか?

この発毛剤、育毛剤で効果が出た!という人は少数はきちんとしたものを購入してその手順に従って使用しての確かな効果のサンプルパターンと言えます。

量販的な物での育毛、発毛効果はほぼ生活習慣の見直しが大きいと考えていいでしょう。
これは普段頭皮に対してあまり目を向けない人が、シャンプーのやり方を意識する、すすぎをしっかりとする、ドライヤーで頭皮をしっかりと乾かす、ドライヤーのあとに育毛剤を浸透させてマッサージを施す。
この行為がベーシックなものになります。

1…シャンプーは二回。
地肌を洗いながら2回しっかりと洗う。

2…すすぎはしっかりと。
トリートメントもしっかり目に流しても問題はない。

3…ドライヤーは地肌をしっかりと乾かす。

4…乾いた頭皮に育毛剤を浸透させ、マッサージするようにもみこんでいく。

この1,2,3の行為は頭皮の汚れと毛穴の汚れをしっかりと落とす行為につながります。
普段の薄毛に悩んでいる人の多く頭皮の状態があまりよくなかったり、皮脂が過剰に残っていたりします。
これは毛穴を油でふさいでいる状態であり、1,2で毛穴のつまりをしっかりととっていくことになります。
中には頑固な皮脂のつまりなどもあるので数日続けてようやく本来の毛穴の状態になる人もいますが、育毛の基盤である毛穴の大きさを本来に戻す、は完成することになります。

次にドライヤーでしっかり乾かす、の3になります。
男性の多くがショートカットなのでドライヤーは不要と考えたり、女性でも自然乾燥などという言葉でドライヤーはダメージを受けるからと間違った考えを持っています。
これは大きな誤りになります。

髪の毛は濡れているときが最もダメージを受けやすいので湿度が残った状態での就寝は毛髪と枕やシーツとの摩擦で抜け毛、切れ毛の原因になります。
濡れている髪の毛が弱い状態を利用するのがカットやパーマです。

ドライヤーで乾かすことで髪の毛は不要なダメージを受けにくくなります。

地肌も同じであり、湿気が残っていることで雑菌の半初期の原因になります。
体の中でも頭部の体温は高い方なので湿気があることで枕などどの間で蒸される状態になり、ケアの集まりや頭皮ニキビ、頭皮湿疹の原因になります。

1~3でコンディションを整えた地肌にしたいして育毛剤を使用すればある程度の発毛基盤が残っている人であれば毛穴の大きさにそった毛が生えてくるので効果が出た!と感じるという形になります。
では、発毛基盤がない人はどうなのか?になります。

頭皮ではなく地肌になっている

1~4の行為をしっかりとしても効果がない人の多くは、頭皮が地肌になっている人です。
何のことだと思う人もいるかもしれませんが。
頭皮は地肌よりもクッション性があります。
いわば柔らかさがある状態です。
地肌は頭皮よりは固めになりますが伸縮性があります。
男性などでよくある頭頂部の薄毛のOタイプや、生え際のMタイプなどはほとんどが地肌と化している場合が多く,この場合は毛髪ではなく体毛であるので毛髪よりも細い毛が生えてくることになります。
人によっては全く生えて来ない状態でもあり、この状態を頭皮に戻すことは非常に困難であると言えます。
1~4の行為に発毛剤を使うことで半年~1年ほどの経過で頭皮化に成功し、そこからの再度発毛、育毛のシステムにとりくむものなどの長期戦が多いです。
最近ではAGA(男性型薄毛症)というものも認定され、医療行為の一端としての薄毛治療なども展開されています。
AGAは診断後に細胞に合わせた投薬治療になります。
この際に着目点として「妊婦はAGAが不可」という面です。
これは胎児に対する影響のある薬剤を投与していくことの示唆であり医療行為であることの証明でもあります。
本当の意味で育毛剤、発毛剤が必要な人はほぼこの状態であり、投薬なしで改善が難しいとされているのが実情です。
投薬ですので当然アレルギー反応なども出てくるでしょう。
薄毛の治療は高額な薬剤と定期的な通院なども合わせると、かつらを買ってしまったほうが安上がりだという人も多く、ウィッグ市場が拡大され続けているのが実情です。

「効果がない」のというか、効果を出す基盤がない

育毛剤の効果を出すための基盤がない人がいくら育毛剤を使っても効果はありません。
だからこそウィッグやかつらが今でもなくならない状態です。
この市場の中に新しい風が最近生まれました。

それが自毛植毛です。

植毛自体は大手の育毛剤メーカーが行っていましたが、この植毛はケラチンボンドで人毛や人工毛を直接頭皮に張り付けていくものや、自毛に他の毛髪を輪にしたものを結んでいくようなものであり、カテゴリーとしてはウィッグやかつらに近いものでした。

元の毛が抜けてしまえば崩れてしまう物や、ボンドの弱まりにつれて徐々に毛が抜けていく。
これは根本的な治療ではなく一時しのぎであることがお変わりいただけるかと思います。

発毛に大事なのは基盤を作っていくことであり、この基盤が壊れている人にとってはAGAなどの医療行為しか道がないのが実情でした。

そこに新しい医療行為で登場したのが自毛植毛です。

自毛の植毛とは?

自毛植毛は全く新しいジャンルになります。
これは地肌と化した部分を頭皮にしていきながら発毛を促すことになりますが、わかりやすくいうと毛髪の多い後頭部などの皮膚を毛根を残したまま地肌になった薄毛に悩む部分に移植する、という行為になります。

これは皮膚ごと移植していくのでアレルギーの反応はもちろんありません。
細胞は自分のものですし、なじみやすく定着もしやすいという状態です。
自分の頭皮を薄毛の部分への皮膚移植、と考えてもいいかもしれません。

ここで勘違いしがちなのは移植したら毛根が死滅するのではないか?になります。
毛根は確かに毛母細胞という細胞に関連しています。
細胞は皮膚の真皮まではいかない部分にあり、移植の際にもダメージは受けません。
頭皮を移植すると言っても頭蓋骨ぎりぎりの所まで掘り下げるものではなく、あくまで毛母細胞を定着できるだけの深さで充分です。

自毛植毛のメリットについては「自毛植毛を選ぶメリット」にて解説しています。

術後の傷の深さもそこまで極端なものではありません。
この自毛の植毛は国外でも活発であり、アメリカやバンコク、韓国や中国などでも現在目覚ましい勢いで市場が拡大されています。

海外の植毛事情に詳しく書いています。

日本国内でも自毛の植毛が可能である

国内でも自毛の植毛は可能であり、対応している医院も増えてきています。
この場合は日帰り手術なども可能であり、術後の経過も細かに通院する必要がありません。
移植のメリットを上げていくと、
1…一回の施術で完了することが多い。

2…通院は基本的に不要。

3…高額な投薬はない。
(化膿止めや痛み止めの処方はあります。

4…日帰り、もしくは短期入院で完了する。

5…基本的に育毛剤は不要。

6…AGAなどに比べてトータルコストが安い。

になります。
国外で自毛の植毛を受ける際には渡航費+移植料金(日本円で75万円前後)+ホテル代+タクシー代などが目安になります。
なによりも植毛というデリケートな分野なので言語が同じであるということは大事であり、何かあったときや不安なときも国内であればすぐにサポートが受けられるというメリットもあります。

AGAは1~3年の通院をしながらの投薬であり定期の通院と薬代で年間100万以上のことも多く、あまりの金額に途中でやめてしまう人も多くいるのもまた実情です。
自毛の移植は一回で終わるので継続などが不要です。
一回の移植の定着を見ながらさらに追加で植毛をしたいという場合でない限りは施術は一回で終わるのもメリットの一つです。

コストを考えるならば自毛の植毛

自毛植毛は初期費用が高いと認識している方もいますが
AGAやフルオーダーのカツラやウィッグは実際はこれよりも高額なものが殆どです。

自分の細胞の移植なので定着率も高く、アレルギー反応も起こりません。
植毛後の諸費用を考えても植毛が最も低コストであり、国外の自毛の移植同様に国内での自毛の移植も拡大しつつあります。

発毛システムを作った後はそれを維持することになりますが、育毛剤を使用したことがある人はその基礎の方法はマスターしている人も多く植毛後はほぼ日常生活を過ごすだけで問題なく維持できるともいえます。

自毛の植毛は医療行為なので特定の医院でしか行えません。
ですが、スタッフもすべて医師免許や看護師免許を持ったプロばかりです。
あらゆるパターンを想定してくれるスタッフに安心して任せることができます。
日本の薬事法は世界でもトップクラスの厳しさであり、医薬品などの効果非常に大きなものです。
植毛後のケアなどもスタッフがすべて専門のメニューを考えながらのことが多く、国外から日本での植毛希望者も後を絶ちません。

どこのクリニックが良いのかについては「自毛植毛おすすめクリニック【2016年ランキング】」を参考に選んでください。

自毛の植毛後の発毛は、毛髪の色や微妙な癖もすべて自分のものなので違和感もありません。
植毛が今、新しいジャンルを切り開いているにも納得の仕上がりともいえます。

デメリットは傷跡が1~3か月残りますがこれも見えない糸や溶ける糸などでの施術が殆どアであり、坊主にしなければわからないという声が殆どです。

詳しくは「自毛植毛のデメリット及び副作用と後遺症・失敗例について」をご覧ください。

長期の治療で効果が薄い、ではなく、一回の治療での植毛が今後の育毛剤市場なども大きく変えていくという予想もされており、植毛という名前も今後は変わっていく可能性もあります。
自毛の植毛が現在では一番確実で低コストであることは間違いなく、ユーザーも激増しているという状態です。