薄毛治療で一番確率性が高いとも言える、自毛植毛のメリットについて説明しています。

自毛植毛とは、後頭部や側頭部の毛を毛包ごと薄くなった箇所に植え付けます。
自毛植毛とは?

抗男性ホルモン薬の投与によるAGA治療では、継続して通院・治療を行う必要がありますが、自毛植毛の手術は1回行えば植毛した分の効果が上がり、継続して通院する必要はありません。

治療に要する時間が短くてすむのが大きなメリットといえるでしょう。

手術前の検査などが済めば、植毛手術自体に必要なのはたった1日、日帰りで行えますし入院の必要もありません。
また、1回行った後でも、もっと植毛したければ期間をあけることで、再度追加で植毛することもできます。

他にも様々なメリットがあげられるのでこちらで説明していきます。

1.拒絶反応がない

人工毛を植毛した場合は拒絶反応が心配です。
拒絶反応によって炎症を起こしたり、化膿したりする症状は、体内に異物が入り込むことで起こります。
人工毛は毛髪によく似せた繊維を頭皮に埋め込むので、人体にとってはやはり異物です。
それで、人によって程度は違いますが拒絶反応が起こってしまう可能性を否定できません。

そういったことから、人工植毛はリスクが非常に高く全く推奨されていませんので「自毛と人工毛」を間違えないように注意して下さい。

しかし、自分自身の毛根を移植する自毛植毛は、拒絶反応の心配はありません。
カツラなら拒絶反応の心配はありませんが、思わぬところで取れてしまったりする心配があります。
強い風が吹いていると気になってしかたないということもあるでしょう。
その点、自毛植毛は実際に自分の頭皮から発毛するので、カツラのように取れたりしません。
またカツラの他には増毛という方法もあります。
増毛の場合は今生えている毛髪に人工毛を結びつけるため、毛髪の伸びによって結び目も移動してしまいます。
そのため定期的なメンテナンスが必要になるわけです。
しかし、自毛植毛の場合は植毛した毛髪が自然に生えているので、そのようなメンテナンスは不要です。

自毛植毛は自分の細胞(毛包)を移植する方法なので拒絶反応が一切ありませんので、生着率が非常に高いというのは良い点の一つに挙げれるでしょう。

2.確実に増毛発毛効果がある

先ほど生着率が高いという点も記述してしまいましたが、一度生着した髪の毛は確実に増毛発毛の効果が見込めます。

男性型脱毛症(AGA)の場合、額から頭頂部にかけての毛根が男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)の影響を受けて髪が薄くなります。

ところが後頭部はこの男性ホルモンの影響を受けにくのです。自毛植毛はこの後頭部の毛根を移植するので発毛効果が高く、植毛した毛根の90%以上から発毛が見られます。

ミノキシジルやプロペシアなどの抗男性ホルモン薬による男性型脱毛症(AGA)治療の場合は、人によっては症状進行の抑制されるのみ、また人によっては発毛が見られるなど、その効果に個人差が大きいのに対して、自毛植毛の場合は確実性が高いといえるでしょう。

一般的なAGA治療(フィナステリド内服、ミノキシジル外用)では効果に個人差が大きいため、薄毛治療をしているが、薄毛の進行が治まっただけで増毛発毛の効果までは得られなかった方には確実に効果があるので自毛植毛はおすすめです。

3.メンテナンスが不要

自毛植毛は毛根の移植手術です。

自毛植毛で発毛した場合は以後メンテナンスが必要ありません。

手術と聞けば、どれほど大変なことになるだろうと気になるところです。
しかし、実際は日帰りですむだけではなく、植毛手術をした後のケアも誰もが自宅で行える程度です。
直後から一部を除いて通常通りの生活ができ、術後2日ほどで洗髪しても大丈夫です。
植毛法にもよりますが1週間から2週間で手術痕が完治すれば、その後のメンテナンスも必要なく、それで全て完了です。
長々と通院する必要がありません。

とは言え、頭皮の環境を整えるため生活習慣は大切なので、頭皮に良い生活習慣は心がけるべきでしょう。

4.仕上がりが自然。好みのデザインも可能

毛根を移植するので、そこから自然な発毛があります。

近頃の自毛植毛は技術レベルも高くなり、毛の流れや毛の生える方向、生え際であればラインもデザインできるようになっています。

自分自身の毛髪なので、植毛した部分の周囲の毛髪と比べても違和感が全くありません。
自毛なので「それが植毛なのかどうか」の区別がつかず、理髪店などでも問題なし、カツラや人工毛とは違う自然な仕上がりです。
頭髪全体に白髪が見られるなら、自毛植毛した部分も違和感なく白髪になりますので、年数を経ても自然な毛髪です。

専門医に希望を伝えヒアリング、アドバイスを聞きながら10年後20年後も違和感ないデザインに仕上げることができます。

人工毛やカツラですと白髪が目立ち始めた時にまた新たにやり直す必要がありますが、その点でも自毛植毛のメリットは大きいといえます。

5.半永久的に生え続ける

移植した髪の毛はAGAの主な原因となる「ジヒドロテストステロン」が作られないので半永久的に生え続けることになります。
自分の髪が自然に生え続ける!こんな素晴らしいことがあるでしょうか??

抜け毛に悩まされない夢のような毎日が手に入ります。