茨城にある薄毛治療(AGA)クリニックの治療方法や料金などを調べ、おすすめのクリニックを紹介しています。

AGA治療・自毛植毛クリニック

茨城にあるAGA・薄毛治療クリニックの料金を比較

更新日:

茨城にあるクリニック

薄毛に悩んでいるのは自分だけではありません。

茨城でも3人に1人は薄毛で悩んでいると言われています。

薄毛はどうしようもならないと思っている方も多いのですが、「治る薄毛」であることを知っていますか?

もしあなたが「治療で治る薄毛」だったらどうでしょう。

茨城には、宇都宮市、足利市を中心に薄毛治療を行っているクリニックはたさくんあります。

なのに、治療しないなんてもったいないと思いませんか?

治療して本当に生えるのか?…。

どこのクリニックがいいのか?…。

そんな「抜け毛、薄毛、ハゲ」でお悩みの方に、このサイトでは、茨城にある薄毛治療(AGA)クリニックの治療方法や料金などを調べ、おすすめのクリニックを紹介しています。

茨城のAGA・薄毛治療クリニック一覧

クリニック名 つくばフジクリニックl
住所 茨城県つくば市千現1-23-18 ウイングパーク千現102
ホームページURL https://www.tsukuba-fujiclinic.jp/
主な治療法・手術 AGA治療内服薬、AGA治療外用薬、HARG療法
紹介文・特徴 フィナステリド(プロペシア)や、ミノキシジル5%(リアップX5、カークランド、ロゲイン)を使用した薬物療法がメインです。標準治療で効果が見られなかった場合、HARG療法を行うことができます。ワキガ治療やED治療の相談にも乗っています。
クリニック名 山口クリニック
住所 茨城県水戸市河和田2-14-5
ホームページURL http://www.yamaguchi-c.com/
主な治療法・手術 AGA治療内服薬
紹介文・特徴 AGAをはじめ、EDや包茎など男性の悩みに強いクリニックです。薄毛治療の場合、プロペシアやフィナステリド、ザガーロが処方されます。初診料は3500円、再診料は1400円です。プロペシアは1錠から購入できます。
クリニック名 野村医院
住所 茨城県龍ヶ崎市根町3316
ホームページURL http://www.nomura-iin.com/
主な治療法・手術 ミノキシジル、プラセンタ、低出力レーザー、KIPスカルプエッセンス(育毛剤)
紹介文・特徴 婦人科や皮膚科、内科を兼ね備えたクリニックで、男性の薄毛治療も行っています。薬物療法だけではなく、プラセンタ注射や低出力レーザーによる治療も受けることができます。また、男性女性の白髪の相談にも乗っています。
クリニック名 エクセル メディカル クリニック
住所 茨城県水戸市宮町1-1-1水戸EXCEL北口1F
ホームページURL http://www.dr-hattori.com/
主な治療法・手術 AGA治療内服薬
紹介文・特徴 女性の悩みと男性の悩み、両方を扱っているクリニックです。薄毛治療は性別問わず、男性でも女性でも行うことができます。主な治療法はAGA治療薬を使用した薬物療法です。プロペシア、ザガーロ、パントガールを処方しています。
クリニック名 水戸中央美容形成クリニック
住所 茨城県水戸市宮町1-3-38 駅前中村ビル8F
ホームページURL http://mens.mito-biyou.com/harg/
主な治療法・手術 HARG療法、AGA治療内服薬、AGA治療外用薬
紹介文・特徴 最先端の薄毛治療「HARG療法」を受けられるAGAクリニックです。プロペシア、フィナテリド、ミノキシジル5%、プラセンタカプセルMDGの処方も行っています。診察・カウンセリングは無料です。再診時でも検診費用はかかりません。

茨城でAGA・薄毛治療を受けれるクリニックを紹介しましたがいかがでしたか?

一昔前なら薄毛はあきらめるしかなかったと思いますが、薄毛は治療で治る時代です。

薄毛の原因が明確になってくるということは、治療法もわかってくるということです、今では茨城にもAGA治療を専門に扱うクリニックが増えてきています。

薄毛は治療で治るとはいっても、AGA治療にはまだ治療費は安くはありません。

保険診療と比べたら高いですが、治療するなら早めに受けるのが最善策!

茨城にもたくさんのAGA治療クリニックがありますので、まずは無料のカウンセリングを受けて、納得できるクリニックで治療を受けるのがベストでしょう。

薄毛治療クリニックでは主に薬の処方が行われますが、薬にも種類があります。近年話題を集めたのが薄毛治療のジェネリック薬品で、通常の治療薬よりも安く購入できるのが魅力になっています。

■薄毛治療の薬にも種類があるのがポイント

薄毛治療の薬には種類があり、一般的な治療薬ではなく後発の医薬品を選択できるケースがあります。後発薬であるジェネリック薬品は開発コストを安くできるのが特徴になっています。

■同じ成分でも安く作れるのがジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は後発医薬品を示す言葉で、特許が切れた薬などを他のメーカーが作ることで成立しています。ポイントになるのが開発費を節約できることで、大幅に薬の値段が下げられる場合があることです。
薬の成分自体は公開されているため、後発メーカーは成分を分析し、それぞれ独自の製法で含めるだけで済みます。そのため消費者も安く購入することができるのです。
注意したいのは医薬品であれば医師の処方が必要になる点です。薄毛治療の薬であっても同じで、薄毛治療のクリニックや皮膚科で処方してもらう必要があるのです。

■薄毛治療薬のジェネリック医薬品はまだ少ない

薄毛治療薬のジェネリック医薬品はまだ少なく、日本で認可されているのはファイザー社のフィナステリド錠のみとなっています。クリニックなどで処方されるのはフィナステリド錠か従来型のプロペシア、デュタステリドの3種類になります。
個人輸入でそれ以外の薄毛治療薬を手に入れることも可能ですが、副作用が起きても自己責任になり、治療が必要な場合は全額自費診療になります。
これは輸入薬の利用が保険診療の対象外となるためです。

■ジェネリック医薬品の利用で薄毛治療の費用も安くなる

飲んで治す薄毛治療を選んだ場合、治療費のほとんどは医薬品の値段が占めることになります。診察費用は別にしてもジェネリック医薬品を選ぶことで費用が安くなることは多く、積極的に聞いてみるのも方法です。

■自分で申請することで1割から2割程度安くなることも

薄毛治療の薬を手に入れるためには医師の処方が必要になります。この際にジェネリック医薬品で処方してくれる用に依頼すれば、ジェネリック医薬品が処方される場合があるのです。
処方時にジェネリックがいいか選択させてくれる場合もあるため、費用を安くしたい場合はジェネリックを選ぶのがおすすめです。薬の価格で1割から2割程度安くなるケースがあります。
どの程度安くなるかはクリニックや皮膚科の設定次第になるものの、薄毛治療は自費診療が基本になるため金額的にも大きな差になりやすいのです。

■ジェネリックを扱っていない病院もある

注意したいのはジェネリック医薬品を扱っていない病院もあることです。これは後発医薬品は正規の薬と製造法などが微妙に異なるため、効果に違いがあると考える医師もいるからです。
どんな薬を扱うかは医師に任せられている部分があるため、選択できないケースもあるのです。気になるのであれば事前に問い合わせをすればどんな薬をどれくらいで処方してくれるか教えてくれるため、電話などで聞いてみるのも方法です。

■まとめ

薄毛治療の薬には種類があり、ジェネリック医薬品を使うことで費用を安くすることができます。ただし、扱いがあるかは病院や医師によって異なります。
少しでも節約をしたいのであれば直接聞いてみるのがおすすめです。

-AGA治療・自毛植毛クリニック

Copyright© 自毛植毛とは.jp~ハエルのブログ , 2017 All Rights Reserved.